人生のヨリミチ中。

旅とビールと小説と料理をこよなく愛しています。現在休業中。やりたいことはなんでもやりたい♩

no.2 ラトビアの夏至祭に参加した話

6/24。2017年の夏至、まさかラトビアにいるとは…そして、夏至祭に参加することになるとは…

f:id:mnmoko:20170626000022j:plain


夏至

日本では特に祝うこともなく、普通の一日として過ごす人が多い。

っていうかそもそも夏至って何だっけ?という人も多いんじゃないかな。私も白夜だと思ってたし。笑


北欧では、夏至はお祝いの日(性欲が高まる日でもあるらしい笑)。

ここラトビアでも、盛大にお祭りが行われました。

これがタイムテーブル。読めない笑

f:id:mnmoko:20170626000156j:plain

ラトビア人のElvis達に案内してもらいました。ハロートーク様様!


この日は、女性は花の冠、男性は葉の冠をかぶっている。Good luckを呼び寄せるために、お祭りの後は一年間保管して、翌年のお祭りで燃やすそう。

f:id:mnmoko:20170626000531j:plain

キャンプファイヤーの種に。

Elvis達は燃やし忘れてたけどな。


f:id:mnmoko:20170626000829j:plain

火を灯すまでの待ち焦がれる空気感、灯ったときの歓声、歌とダンス、どれもグッとくる。。。


Elvis「日本ではどうやって祝うの?夏至は。」

私「(国を挙げて祝ったりしない…)」

Elvis「EasterやHarvestは?」

私「(今は特に…学校によってはやるけど収穫感謝祭とか)」

Elvis「!?」

自国の文化もきちんと説明できないなんて…情けない。ごめんよElvis…。

f:id:mnmoko:20170626001625j:plain

ちゃんと勉強して出直します


初めての夏至祭。

Elvisが居なかったら、よく分からないまま終わってた。確実に。ありがとうElvis!

f:id:mnmoko:20170626001952j:plain

日本で待ってるよ🇯🇵